iphoneのアプリ開発をしよう|最新技術を取り入れる

スマホを持つ人

アプリを作るなら

iphoneのアプリは優秀なアプリであれば、大金に変わります。そのためには、アプリ開発時に自分のアイデアをxcodeで実現させ、検証ソフトで不具合がないものを検証し作る必要があります。専門的知識が必要ですが、覚えることでアプリ開発することができます。

男の人

実はアプリが簡単に出来る

iphoneのアプリ開発には初心者であればSwiftというプログラミング言語がおすすめです。この言語はiphoneアプリ専用の言語であり、比較的簡単に学ぶことが出来るので初心者でも気軽にアプリ開発が出来ます。

アプリ

アプリによるメリット

iphoneのアプリ機能の充実によって、今後も利用者は増える見込みです。アプリ開発にはメリットも多く、技術の習得や副収入の可能性があります。またプログラミング言語の利用などによって、アプリ開発も簡単に始められます。

アプリを作るには

スマホ

iOSのメリット

スマートフォンやタブレットなどでは、パソコンとは異なるOSが使われています。その代表格がアップル社が販売しているiphoneやipadなどに搭載されているiOSです。またandroidはアップル社以外のスマートフォンやタブレットに広く採用されています。スマホアプリ登録数からすれば、androidの方が多いのですが、アプリの質や収益率からみればiphoneなどiOSの方が強みがあります。このためアプリ開発では、androidとiOSの両方を行うところもあります。アプリ開発は個人でも行うことができますが、外注する方法もあります。androidにしてもiphoneにしても開発環境は無料で提供されていますから、誰でも作ることができますが販売を目的とするアプリ開発であれば、専門家に任せた方が強みがあります。アプリ開発の費用計算は、ほぼ人件費といえ1日1人あたりの単価と日数で決定されます。1日1人あたりの単価は4万円が相場です。外注先が1名だけの場合にはそれだけ単価は下がりますが、多くは最低3名程度がアプリ開発にあたります。日数はアプリの内容で異なってきますが、同じアプリでも1ヶ月程度で完成させるところもあれば1年程度の時間を掛けるところもあります。iphoneやipadなどのアプリを開発した場合には必ずストアに登録しなければなりません。このさいに審査があり、審査に通るアプリを開発する必要があるので注意が必要です。反対に言えば、審査が厳しく、程度の悪いアプリは登録できないので、それだけ質が確保されており収益率を高める要因ともなっています。