iphoneのアプリ開発をしよう|最新技術を取り入れる

実はアプリが簡単に出来る

男の人

何を勉強すればいいのか

スマートフォンが普及し、専門の企業だけでなくプログラミングを個人的に学んだ人もアプリを開発して販売するようになりました。そこで、iphoneのアプリ開発をするのにはまずどのプログラミング言語を学べばよいのでしょうか。これに関しては、初めてアプリ開発をする人であれば「Swift」というiphoneのアプリ開発専用のプログラミング言語がオススメです。比較的簡単なプログラミング言語であり、これを学んで小さい子供からお年寄りまで幅広い世代の人がアプリを開発しています。2014年に登場した比較的新しめの言語ではありますが、iphoneの販売元もiphoneのアプリ開発にはSwiftを使用を推奨しており、どの言語よりも簡単に出来るのが魅力的です。ですが、iphoneのアプリ開発のみにしか使えない言語なので、よりプログラミングを詳しく知りたいという方にはあまりオススメできません。そんな人にオススメなのが「Java」です。Javaはスマートフォンのアプリだけでなく、インターネットサイトなど様々な場面で使用されるプログラミング言語なので、難易度はSwiftよりも高くなりますが、身に着けておくと様々な場面で役立ちます。プログラミングの基本をしっかり学べる言語であり、これを身に着けておくと他のプログラミング言語を学ぶ時にこの知識が役立つのもメリットです。プログラマーとしても需要の高い言語なのでプログラマーへの転職を考えている方にもオススメの言語と言えます。